SANOFI PASTEUR

本サイトは不活化ポリオワクチン接種の重要性の啓発を目的として一般の方を対象としております。

menu

どんな症状?

どんな症状?

どんな症状?

  • イメージ
  • ポリオは感染しても気づきにくく、重篤な場合、
    手足のまひなどを引き起こします※1

    ポリオウイルスに感染しても、多くの場合目立った症状は現れません。現れたとしても発汗、下痢、便秘、悪心、嘔吐、咽頭痛、咳などの風邪のような症状で、風邪と識別がしづらいです。ごく稀に四肢にまひが現れ、まひが一生残ってしまったり、重症の場合には死亡することもあります。

    典型的なまひ型ポリオは、1〜2日風邪症状がみられた後、解熱前後に急に四肢にまひが現れます(急性弛緩性まひ)。まひした部分は痛みがでるので、風邪で発熱したこどもが解熱し始めた夜に「背中が痛い」といい、翌朝突然下肢のまひが現われるといったことが多くみられます。

    ポリオの後遺症により
    足に“まひ”が残った幼児※2

    ポリオの後遺症により足に“まひ”が残った幼児
    ※1
    国立感染症研究所
    http://idsc.nih.go.jp/disease/polio/yobou.html(2019年2月8日アクセス)
    ※2
    米国疾病対策予防センター
    http://www.cdc.gov/polio/us/photos.html(2019年2月18日アクセス)
  • イメージ