SANOFI PASTEUR

本サイトは不活化ポリオワクチン接種の重要性の啓発を目的として一般の方を対象としております。

menu
予防はいつするの?

予防はいつするの?

  • イメージ
  • 定期接種と任意接種

    定期接種は自治体が主体となって無料で実施します。
    任意接種は希望者が自己負担で受けます。

    予防接種には、法律のもと自治体が主体となって実施する「定期接種」と、希望者が自主的に受ける「任意接種」があります。多くの自治体では定期接種は無料(公費)ですが、任意接種は自己負担となります。
    任意接種が受ける必要がないワクチンというわけではありません。
    日本で任意接種されているワクチンでも、世界で定期接種されているワクチンがいくつもあります。

    ポリオワクチンは定期接種の4種混合ワクチン(DPT-IPV)に含まれます。

    ポリオワクチンは、定期接種の4種混合ワクチン(DPT-IPV)に含まれます。

    4種混合
    ジフテリア(D)、
    百日せき(P)、
    破傷風(T)、
    ポリオ(IPV)
    3種混合
    ジフテリア(D)、
    百日せき(P)、
    破傷風(T)
    2種混合
    ジフテリア(D)、
    破傷風(T)

    ポリオワクチンは、4回の定期接種を行った後、学童期以降(4~6歳児)の免疫を維持するために、就学前の追加接種(任意接種)が推奨されています。

    また、ポリオ常在地へ海外渡航をする方は任意接種が推奨されています。

  • イメージ