SANOFI PASTEUR

本サイトは不活化ポリオワクチン接種の重要性の啓発を目的として一般の方を対象としております。

menu
予防はいつするの?

予防はいつするの?

  • イメージ
  • 接種スケジュール

    定期接種として生後1歳までに3回、2歳までに4回目を接種し、
    任意接種として就学前に5回目の接種が推奨されています※1

    定期接種

    定期接種としてポリオワクチンの接種が定められている年齢は、生後3ヵ月から90ヵ月(7歳6ヵ月)までです。
    標準として、生後3ヵ月から生後12ヵ月までに3~8週の間隔をあけて3回接種してください(初回免疫)。
    初回免疫終了後12ヵ月から18ヵ月あけて(最低6ヵ月以上)1回接種してください(追加免疫)。
    過去の接種見合わせなどにより、標準的な接種年齢を越えてしまった場合には、未接種であると気づいた時点ですぐに接種することが重要です。標準的な接種時期を過ぎてしまった場合でも、公衆衛生等の観点から速やかな接種が推奨されています。

    定期接種/任意接種

    任意接種

    不活化ポリオワクチンは接種から時間が経つと感染を予防する力が低下してきます。
    4~6歳時に就学前の追加接種を行うと、ポリオ感染を予防する力がより高く維持されるため、日本小児学会から推奨されています。就学前の追加接種は任意接種(実費負担)になります。



    日本小児科学会が推奨するポリオワクチン接種スケジュール

    定期接種/任意接種

    定期接種/任意接種

    2018年8月1日版を参考に作成

    ※1
    厚生労働省 定期接種実施要領
    https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000036493.html(2019年2月9日アクセス)
  • イメージ